人気ブログランキング |

カテゴリ:星( 68 )

マルカリアンチェーン付近の星野

d0343591_20223211.jpg
↑マルカリアンチェーン付近の星野
2019年3月8日撮影(23時16分~32分露出(4分×8枚コンポジット))
ε130D+EOS6D(Seo-SP4),ISO1600

赤道儀の調子が今一つ。
撮影したコマの半分程度しか利用できなかった。
残念!( ノД`)シクシク…
それでも少し強めに画像処理をしてみると、
思いの他銀河の色が出てくれた。

写っている銀河の名前を調べるのは、
暇つぶしに最適だが、
50個を超えるあたりでしんどくなってストップ。

長焦点お持ちの方にはとてもは楽しい星野でしょうが、
投網(4~500ミリ)を打って一網打尽と言うのも、
また格別でございます。

d0343591_17424119.jpg
興味のある方は↑マップをご覧あれ!



by yotoumushi555 | 2019-03-10 18:03 | | Comments(2)

記念撮影(岩本彗星)

d0343591_18490483.jpg
尾は出ていない(見えない)、
よりによって近くにめぼしい天体は全く無い。
そんなときに限って天気も、
体調も〇。
愚痴を言っても仕方がないので、
パチリと記念撮影。

画像処理すると、
予想以上のコマの広がりにビックリ!

【撮影データ】
2019年2月24日21時42分~12分露出(3分×4コマコンポジット)
ε130D+EOS6D(SeoSP4),ISO1600
彗星を中心に50%を切り出した。
(世羅西町)



by yotoumushi555 | 2019-03-07 20:34 | | Comments(2)

カモメ(わし)星雲

d0343591_18595292.jpg
↑カモメ(わし)星雲【IC2177】 2019年2月24日撮影(世羅西町)
20時25分~57分露出(ISO1600,3分×19枚コンポジット)
ε130D+EOS6D,星雲付近20%(1466×2466ピクセル)を切り出した。

日本では”わし星雲”と言うのが通り名だが、
自分は”わし”より海外で言われている”カモメ(Seagul)”の方が好きだ。

撮影当初強烈なボックスケラレが上下に出てびっくりしたが、
εの明るさ故と言うことが分かりヤレヤレ!
※FSQ106ED(F5.0)はこれ程ひどくなかった。
Mさんよりお借りした汎用フラットでキレに補正できた。
赤・青・ピンクの三色が入交り大変美しい。
すっかり気にいてしまった。
(*^-^)
全体をネットに掲載すると圧縮され汚くなるので、
星雲中心にトリミングしてみたが、
やはり微妙なグラデーションはさっぱり。
元画像(Tiff)とは比べようがない!

d0343591_18594666.jpg
↑フル画像(あの夜を思い出して一句・・・)


by yotoumushi555 | 2019-03-04 21:41 | | Comments(2)

銀河の色如何に

d0343591_15545276.jpg
↑M81&M82 2019年2月24日撮影、22時32分~70分露出(世羅西町)
ε130+EOS6D(ISO1600,3分×2枚、4分×14枚コンポジット)
※中央部分7%を切り出し(1700*1700ピクセル)

銀河の色とは如何なるものか?

稼働可能の望遠鏡がないので星友Mさんのεを借りて、
春の代表的銀河を撮影してみた。

結構よい透明度で、
かなり露出できたので期待していたが、
LAW現像してみると、
この銀河(M81)の全体は赤茶色となっており、
青色成分なんて見あたらない。
※露出不足の画像とほとんど変わらない。

自分としてはバルジは古い星が多く赤茶系で
渦巻部分は青(若い星)に赤(HⅡ)がチラホラと思うのだが・・・
露出をかければ小口径でも色が出ると思っていた。

しかたないので、
画像処理して頭の中のイメージに近づけてみた。

写真からお絵描きの匂いがするけど、
星野写真なんてそんなものか!

d0343591_15545716.jpg
銀河にこの焦点距離(430ミリ)は少々短いけれど、
εの写りはすばらしいですな!
(゜ー゜*)ネッ!


by yotoumushi555 | 2019-03-01 16:58 | | Comments(2)

馬頭星雲~魔女の横顔

d0343591_14044028.jpg
d0343591_14044759.jpg
馬頭星雲~オリオン大星雲~Sh2-278(うすい赤い三角)~魔女の横顔
ApoSonnar135mmF3.2,ISO1600,111分露出(3分×32枚、40秒×20枚、10秒×20枚)
2019年1月3日撮影(宇根山)、Rap2、SI7.0、PSCC

正月3日に撮影した画像をHDR処理してみたがいまいちうまくいかない。
※画像の回転が不十分。
それでもモニター上で見る限り結構綺麗なので、
ネットに掲載することにした。

何といつのまにか"flickr"が有料となっており、
大きい画像が掲載できない。

しかたないので、
画像をトリミングし二分割して掲載した。

※案の定圧縮がかかり汚いが画像(彩度もどぎつく)となったが、
拡大しているので少しは見れるような・・・

※おまけ
大星雲とsh2-278の間にギャラクシー(NGC1924)があるとは知らなんだ。
小さいけれど結構明るい。(12等)

More頁に今回のFlat情報掲載



More
by yotoumushi555 | 2019-01-17 07:31 | | Comments(0)

分子雲とウィルタネン彗星

d0343591_18543898.jpg
↑反転画像による分子雲と彗星(分子雲は左三分の一)
ApoSonnar135mmF3.2,IS1600,36分露出(3分×12枚コンポジット)
EOS6D(SEOSP4),Rap2,SI7.0,PSCC(画像の左端30%を切り出し)

正月早々の初撮りは、
何とか撮影でき「やれうれし!」だったが、
その後大風邪をひてしまい、
画像処理もできず寝込むことになってしまった。

やっと調子が上向いてきたので、
新たにフラットを作成し画像処理してみた。
オリオン付近の画像に対してはよくマッチングしたが、
彗星の画像については過修正気味で良くない。
おまけに画像の左3分の1がやけに明るく(光害?)
色々手を尽くすがうまくいかない。
よく見ると明るいい部分にうすい雲状のものが・・・
画面の左端の星ムシダは大熊の鼻頭があたるので、
これは大熊座分子雲の端っこだった。
この程度の露出で浮かび上がるとは思わなかったのでビックリ!

しかし分子雲と光害が入り混じっているようで、
どう補整してよいものやら??

反転してみると分子雲も彗星(コマとダストテイルも)も
非常に見やすくなったので「とりあえずこれで良し!」

d0343591_20404512.jpg
↑四国の街灯りがよく見えた(これで光害がもう少し・・・)

※自分用メモ
オリオン用に作成したフラットが彗星用として合わないのは高度差が原因か?
彗星画像のヒストグラムは半目盛り程度左(露出小)にずれているので、
バック濃度を合わせたフラットを作成し再処理してみたい。

by yotoumushi555 | 2019-01-14 20:51 | | Comments(2)

初撮りはオリオン

d0343591_22300337.jpg
↑オリオン大星雲~魔女の横顔へ
Apo Sonnar135mmF3.2,23h36m~96分露出(3分×32枚コンポジット)
2019年1月3日撮影/宇根山(中央部分を16対9に切り出した。)

やはり初撮りはオリオン座。
雲の通過や久しぶりの撮影にミス連発で十分露出できなかったが、
何とか綺麗どころを一網打尽(Bループは外れたが)できた。

画像処理のやりすぎで少々汚いけれど、
オリオン大星雲~魔女の間にある赤や青のシャープレスNoをあぶり出せた。

それにしてもこのシャープレスNoは実に暗い!


by yotoumushi555 | 2019-01-05 23:00 | | Comments(2)

鷲かカモメか?

d0343591_18205361.jpg
↑わし(カモメ)星雲付近/2018年12月10日撮影(世羅西町)
ApoSonnar135mmF2.8+EOS6D,60分露出(2分×30枚コンポジット)

IC2177は日本ではわし星雲、欧米ではカモメ星雲と言うらしいが、
できればどちらかに統一していただければと思う。
ウィタネン彗星撮影のついでに撮影したものだが、
低空なので街明かりの影響が激しく、
画像の下半分はどうカブリ補正したものか・・・?
と言うことで中央部分(20%)のみ切り出した。

d0343591_18374727.jpg
↑IC2177が”わし・カモメ星雲” どこまでが範囲なのか?

それにしても隣接するトールのヘルメット星雲(N2359)はよく写る。
小学校時代に読んだ神話を思い出す。
※トール:北欧神話の雷神

〇自分用備忘録
久しぶりにRap2でフラット補正してみたが、
Rap2がコンバートしたフィルを受け付けてくれず一日悩んだ。
DNGコンバーターのVerを最新版から古いもの(Ver8.8)に切り替え、
環境設定を変更(互換性のカスタマイズ(DNG1.4,非圧縮))して解決したのだが、
PhotShopで画像を開くときにエラーが出る。(ちゃんと処理はできるのだが・・・)
エラー内容:「このファイルは破損している可能性あり」と表示
またまた悩ましや!(楽しみや?)


by yotoumushi555 | 2018-12-14 20:18 | | Comments(1)

寒天を行く

d0343591_08411293.jpg
↑クジラ座のウイルタネン彗星(2018.12.10撮影/世羅西町)
Apo sonnar135mmF2.8/EOS6D,ISO1600,2分露出
中央部分40%を切り出し

でかい・・・
双眼鏡で見る彗星は満月位はあるだろうか!
とほうもなく大きな球状星団の様。

前回の撮影からちょうど1か月、
やっと好天に恵まれ”星撮りごんべい”登場。
ひさしぶりの澄み切った空はうれしかったが、
猛烈に寒いのには参った。
※寒空の下に5時間とはようがんばった!
(*´-ω-`)・・・フゥ

元画像を見ると、
10時の方向に短い尾があるような気がする。
気のせいか?

とりあえず撮って出しの速報。

※M様ありがとうございました。一人では耐えられませんでした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

by yotoumushi555 | 2018-12-11 16:42 | | Comments(2)

季節外れの北米

d0343591_05235755.jpg
↑NGC7000(北米)とIC5067〜5070(ペリカン) /世羅西町(2018年11月10日撮影)
ε130D、24分露出(11枚コンポジット)

赤道儀とオートガイダーの修理は終わったが中々撮影のチャンスがなく、
すっきりしない毎日だった。
※長焦点で星野撮影ができるのか非常に不安・・・
( ´д`)ぇ~

やっとのこと撮影できた。
何と星野撮影は300日ぶりだった。
※彗星の写真は北アメリカの後

撮影は少し高度の下がった北アメリカ星雲。
機材はMさんのイプシロン。
結果ガイドはバッチリで、これならMT160でも撮影できそうだった
( ^ω^)おっ
それにしてもイプシロンの星像はすばらしいね!

※めんどくさいのでダーク・フラットは未処理で、
周辺減光及びボックスけられ部分はカットした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

by yotoumushi555 | 2018-11-18 06:02 | | Comments(0)