夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 27日

南天の銀河と球状星団

d0343591_15345144.jpg
↑NGC253(右上)とNGC288(左下)/2017,10,26(世羅西町)撮影
21h58m~45分露出(3分×15枚コンポジット)
FSQ106ED+EOS6D(SEO-SP4)+HEUIBⅡフィルター
ISO1600,F5.0,530ミリ,Rap2でダーク補正
※最初の数コマは月明かりがあったが影響なし!

本日はお天気になりそうなので、
久しぶりに星撮りができると楽しみにしていた。
しかし、赤道儀の虫干しをしていて落下事故。
ショック!!!
゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡そんな!!
またやってしまった・・・

赤緯軸シャフトのロックが壊れておりロックできない。
もう使えないだろうと思いながら試運転してみると一応普通に動く。
相当な衝撃を受けているだろうから写真撮影はムリだろう、
でも確認しなければと言うことで、
期待なしで撮影に出かけた。
しかし、ななんと・・・
何とか動き(オートガイドもOK)ちゃんと撮影できた!
 `  ▽  ´ )/ ヤッター

皆さん赤道儀は幼い我が子を抱くように、
大事に運びましょう!

テスト撮影は今まで撮ろうと思いながら撮っていない南天低い銀河。

M31,33に次いで大きい(見かけ上)と言われているので、
3銀河を比べてみた。
d0343591_17005579.jpg
↑いずれもFSQ106ED(530ミリ)で撮影

やっぱりアンドロメダ大星雲は傑出している。
アンドロメダが横綱ならM33は幕の内、NGC253は十両と言うところだろうか。


『追伸』
HEUIBⅡフィルターを使って出ていたゴーストは今回出ていない。
やはりゴーストの原因はフィルターの装着不備みたいだ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-27 17:20 | | Comments(4)
Commented by hiro-2415 at 2017-10-27 18:37 x
私も年齢を重ねると言っても良いお歳なので自分の思いとやってることの食い違いを感じることがあります。
シャフト止めが落下の衝撃を吸収してくれたのでしょうか?何より致命傷は免れたようで良かったよかった!です。私も集中するよう気を付けたいと思います。

南天低くて中々撮影の機会がありませんが、画角にバッチリ収まって、宇宙を感じます。見掛け上このサイズ以下は、長い焦点距離が欲しくなりますね、また春の夜空の季節ですしね。あ~
Commented by yotoumushi555 at 2017-10-27 21:50
系外星雲や惑星状星雲には1500ミリ位が欲しいところですが、ジェット気流舞う日本の空では良質な写真は望めません。解像力から言えば1000ミリ以下の歩留まりが一番良いかと思いますが、でも長いのは一つ欲しいですね。

Commented by 星船 at 2017-10-30 21:07 x
こんばんは。
赤道儀大事無くてよかったですね。
NGC253とNGC288は南に低くきれいに写すのはなかなか難しいと思うのですが、星雲や星団の細部もきっちり表現されていて流石です。530㎜+フルサイズでちょうどぴったりいい具合に納まってますね。
Commented by yotoumushi555 at 2017-10-31 08:34
星船さん>
実はフルサイズではなく、
中央50%あまりを切り出した画像です。
すいません!


<< ランナウェイスターのある星野      HEUIBⅡフィルターによるゴースト >>