人気ブログランキング | 話題のタグを見る

M27

M27_d0343591_06074534.jpg

晴れてはいるが透明度が非常に悪い夜だった。
それでも久しぶりの撮影なので、だらだらと撮影続行。
撮影前半は風もあり歩留まりが非常に悪い。
スタックできそうな画像は半分以下。

そして決定的なのは、
集中力を欠き単純なミスをしてしまったこと。
※ピント固定ノブを閉めずに接眼部を回転させてしまい。
よってピンボケ画像を大量生産。

タカハシの接眼部は一度固定すれば、
次回もそのままいける位すばらしい作りなのに…

気が付いた時は月の出寸前。
慌てて撮影したのが亜鈴状星雲だった。

この程度の写りは自宅でも撮れそうと不満たらたらだが、
まあ手ぶらで帰るよりましでしょう。

【撮影データ】
↑M27(こぎつね座) 2022年5月23日0時50分~/宇根山
イプシロン160ED+Extende(F5.0,fl795mm)+ASI294MCPro
2分露出×11枚スタック、ゲイン120、-10度


# by yotoumushi555 | 2022-05-25 13:22 | Comments(4)

HCG44

HCG44_d0343591_10245163.jpg
HCG44_d0343591_10245874.jpg
↑ヒクソンコンパクト銀河44(しし座) 2022年5月3日/宇根山
Ε160ED+Extender+ASI294MCPro(-10度,ゲイン120,3分×32枚スタック)
PixInsight、PhotoShop

この銀河の群れを知ったのは高校生の頃。
※パロマ天文台写真集(誠文堂新光社)
手裏剣の様なNGC3187が暗黒帯の目立つNGC3190と並んでいる姿は実に印象的で、
宇宙の奥深さを感じた。

勿論、モノクロの写真だったが、
あれから何十年もたち、
その天体がヒクソンコンパクト銀河群と知ったのはごく最近。
イプとExtenderも手に入り撮りたくなった。

それにしても、
わずか16センチでここまで写るとは驚く!

〇NG3190:11.1等,4.4*1.5分,距離約8000万光年(W,ハーシェル発見)
〇NGC3187:13等,2分

※非常に初歩的なミス(ホワイトバランスが狂っていた)のためBのデータが不足し、
どうしてもまともなカラーにならないのでモノクロで掲載した。

モノクロを見慣れた世代にはこれも良いね。


# by yotoumushi555 | 2022-05-07 11:17 | Comments(1)

おとめ座の笑顔

おとめ座の笑顔_d0343591_11272135.jpg
↑ホワイトバランス異常につきモノクロ画像に変更

↑2022年5月3日撮影/宇根山
Ε160ED+Extender+ASI294MCPro(-10度,Gain120,3分×39枚スタック)
PixInsight+Photoshop

妻が見て一言「顔見たいじゃん」
確かに銀河団の中に顔が・・・
M86・84が目玉、NGC4388が口、NGC4387が鼻と見立てれば笑顔でしょうか。

何とか予定近く露出できたが思っていたより写りが悪い。
※解像感は少しアップ(NGC4438)したが・・・
やはりExtenderを付けるとF3.3→F5.0と変わり、
露出倍数で2.3倍となるので・・・

色も出方が渋い。
まあカラーカメラなので・・・
※それにしてもこの辺りは亜麻色の世界
欲を言っても仕方ないので手持ち機材でどこまで撮れるか頑張るだけ。

おとめ座銀河団の中心近くにあるM86までの距離は約6000万光年。
地球上では中生代が終わり新生代が始まったころの光が届いている事になる。
今現在の光が届く6000万年後の地球ははたしてどんな世界だろうかと空想する。
たぶんヒトは存在していないだろう。
種としての生存期間は地質学上の年代から言えば一瞬。

一瞬の存在でしかないのに、
ウクライナでは罪なきヒトが同じヒトに殺され侵略を受けている。
生物の性、ヒトの性と言ってしまえばそれまでだが、
地球上のあらゆる生物の頂点に立つヒトがそれで良いのか?
他の生物とは違う理性ある解決を・・・
おとめ座の笑顔の世界を願う。

【備忘録】
C-Mos Cameraについて大きな疑問点が生じたのでMoreにメモする。


More
# by yotoumushi555 | 2022-05-05 12:14 | 銀河 | Comments(0)

地球照

地球照_d0343591_18513570.jpg
↑2022年5月3日/宇根山(Ε160ED+Extender+ASI294MCPro)

月が無く晴れているのに夜になると雲が出てくる。
いやらしい天気が続いていたが本日は快晴。
心配していた風もおさまり、
さあこれからと準備万端の空を見上げると、
新月過ぎの若い月が早く撮ってくれろとニヤリ。

遊び半分で撮ったお月さんだが、
Extenderのお蔭で細部が良く写りました。

まさかイプシロンで月を撮るとは!
まあたまにはこう言うのもありでしょう。

良い夜の予感が・・・

地球照_d0343591_19420348.jpg

# by yotoumushi555 | 2022-05-04 19:09 | 月・惑星・小惑星・彗星 | Comments(0)

山野草の楽園

山野草の楽園_d0343591_16045721.jpg
↑山野草の楽園/2022年4月28日 入口手前にオキナグサが咲いていて驚いた。

山野草に興味を持って以来一度は”アツモリソウ”を見たいと思っていた。
数年前に”かずら橋(四国)”近くの山野草園で見れることを知り、
行ってみようと思っていたらコロナ感染爆発により×

あれから2年あまり、
コロナ騒ぎか収まったわけではないが、
少々ムリシをしても今年はと思っていたら、
何とすぐ近くに見れる場所があることを発見!!
\(^o^)/

その場所とは、
島根県邑南町布施地区。
「山野草の楽園」と言うことで地域で管理しておられる。

山野草の楽園_d0343591_16531237.jpg
山野草の楽園_d0343591_16540431.jpg
↑クマガイソウ

まさか車で二時間半で見れるとは・・・
少し道に迷ったが天気も良く、
お目当ての花を見れとてもラッキーだった。
※地元の方の話によると、
大雪の後の気温が高く今年は咲くのが早かったとのこと。
開花予想大当たり!!


# by yotoumushi555 | 2022-04-29 18:03 | | Comments(0)