2016年 12月 01日

ウルトラの星(雲)対暗黒星雲

d0343591_07474114.jpg
↑暗黒星雲LDN1622(上)とM78星雲(下)/高野町
2016,11,25 23:57~65分露出(5分×13枚コンポジット)
FSQ106ED+645RD(380mm,F3.6)+EOS6D(Seo-SP4),ISO1600

露出時間が短くブログに掲載するつもりなどなかったが、
画像処理してみるとイメージどおりと言うか、
実に綺麗な絵になった(自画自賛)が・・・

残念ながらこの画像には大きなゴミが写っていた。
しかも質の悪いことに画像処理してみて初めて浮かび上がってくる類で、
これじゃ現場でモニターしても発見は不可能。
※レタッチで消すと言う方法もあるがゴミのついているところが微妙

撮影前にはいつもPCモニターで撮像素子の状態をチェックしており、
現場では風神によりほこりを吸いだしてからカメラを装着しているのだが・・・
しかもゴミの付着している場所が悪すぎる。
運が悪いねー!

没にするのが、あまりにもったいないので
目玉の暗黒星雲とM78を残しあとはカット。

d0343591_19482675.jpg
↑元画像(フラットもばっちりできれいな絵だが・・・)

それにしても、
ネットに掲載した画像は圧縮がかかって汚くなる。
お金をかけず何とかならないものか!
Σ(´Д`lll)


[PR]

# by yotoumushi555 | 2016-12-01 20:23 | | Comments(1)
2016年 11月 30日

NGC1333付近の分子雲

d0343591_17055009.jpg
↑NGC1333(中央左の白い雲状天体)/高野町
2016,11,26 01:29~55分露出(5分×11コマ)
FSQ106ED+645RD(380mm,F3.6)+EOS6D(SEO-SP4),ISO1600
Rap2(ダーク・フラット処理)→PSCC(DNG現像(ホワイトバランス調整)・Tiff保存)
→SI(コンポジット・デジタル現像・Iiff保存)→PSCC(化粧直し)

分子雲という大仰なタイトルの割りに見栄えしないが、
それはコンポジットの枚数が少ないため。
と言うのも恥ずかしい話だが、
バーティノフマスクを付けたまま1時間も露出してしまったこと・・・
(これを加算できればそこそこの画像に・・・)
さらに恥ずかしいのは、
NGCナンバーを読み違えて導入してしまったこと。
(気がついたのが遅く、露出時間がもったいないのでそのまま撮影した。)
結果、構図は大外れ!

夜半を過ぎて寝ぼけ眼の状況とは言え実に情けない。
(((p(>o<)q))) いやぁぁぁ

でもまあ、露出時間は少し短いがけっこう分子雲が写っており、
高野の空の素晴らしいことがよく分かるのでブログに掲載した。
※車で行けるところとしては広島県一だろうか。
さほど強調処理していないのに分子雲が簡単に湧き出て驚!

※皆様、夜半過ぎると眠いでしょうが、撮った画像は頻繁にモニターされることを忠告します。
それから、大事な情報はカラーではなく赤いライトでも視認しやすい黒で書きましょう。
ほんとは、ハインドの変光星雲(NGC1555)周辺の分子雲撮影の予定でした。

それから初めてやってみましたが、
子午線を超える前の画像と越えた後の画像(逆さまになっている)をステライメージでコンポジットしてみたところ、
一括処理ではうまくいきませんでした。という事で子午線を超える前の画像と越えた後の画像を別々にコンポジットし
て、2枚の画像にしてコンポジットすると自動位置調整できれいに合成しました。(SIの知識不足かもしれませんが。)



[PR]

# by yotoumushi555 | 2016-11-30 18:09 | | Comments(1)
2016年 11月 27日

ハート&ソウル星雲

d0343591_23551207.jpg
↑IC1805(左ソウル)・IC1848(右ハート)/高野町
2016,11,25 20:25~65分露出(5分×13枚コンポジット)
FSQ106ED+645RD(380mm,F3.6)+EOS6D(SEO-SP4),ISO1600
Rap2(ダーク・フラット処理),SI(コンポジット),PSCC(お化粧)

高野町は久方の快晴・しかも明け方まで雲一つなし。
願ってもないチャンスにあれも撮りたい、これも撮りたいと頭の中を駆け巡る。
とりあえず目標天体の地平高度が上がるまでの時間待ちに、
先般撮りそびれた相方(ソウル星雲)とハート星雲のコラボを撮ることにした。
ここまでは予定通りだったが・・・
今夜のメインの一つ(勾玉星雲)を導入(ステライメージで制御)しようとしたが、
赤道儀が全く動かない、そして完全にフリーズ!(再起動もできない。)
※凍結による通信障害か?結局復活せず。

仕方なくスターブックテンのみで天体を導入しようとするが構図が決まらない。
その内、オートガイダーも頻繁に不調となり、
挙句の果ては撮影対象のNGCナンバーを間違えた挙句、
バーティノフマスクを着けたまま露出をしてみたりと、
いやはやとんでもないミスの連発となり、
予定していた露出を稼ぐことができなかった。

そんな塩梅だったが画像処理の方は成功と言うか、
特にフラット処理については大満足の結果が出て、
+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚

自分用メモとしてmoreに今回のフラット作成法について記載する。
興味のある方はどうぞ!

※今回のハート&ソウル星雲の画像処理について、初めてチャンネル減算マスクによる色調整(Rチャンネル
のみ)を行った結果、ほぼイメージした色味に近いものが出せたように思う。背景が少し白ぽい
野内にある暗黒星雲を背景色に指定したことによる。真っ黒い夜空なんてないと思っていますので・・




More
[PR]

# by yotoumushi555 | 2016-11-27 21:24 | Comments(6)
2016年 11月 16日

オリオン大星雲HDR再処理

d0343591_11264330.jpg
HDR再処理したオリオン大星雲
2015,09,22(EOS106ED,530mm,F5.0)/高野町

ブログに載せる写真が無くなったので、
昨年初めて作ったHDR画像(失敗作)を使って遊んでみた。
※天ガ12月号の記事に刺激された!

結果、まるで米国の星サイトにでもありそうなどぎついと言うか、
超派手な絵となった。
でもまあ、
白とびしていたトラペジュウム辺りを大幅に改善でき、
初期の目的は達成できた。

d0343591_21020347.jpg
①30分露出(6分×5枚コンポジット)、②15秒+30秒+1分+2分露出をHDR合成
③②をPSCC+Nic Collection(Silver Efex Pro,Dfine2)を使って再処理した。

d0343591_13254762.jpg
Silver Efex Pro操作画面(レシピからコントロールポイントを選び部分調整)

各露出ごとのコマ数が少なく、
強烈な画像処理で荒れてしまったが、
どこまであぶり出しできるかテストの意味もあったのでこれで良し。

今シーズンはじっくり腰を据え大星雲のHDR写真に取り組みたいね。
こんどこそイメージに近い写真ができそうでワクワクする!
(*^m^*) ムフッ



[PR]

# by yotoumushi555 | 2016-11-16 16:34 | 画像処理 | Comments(10)
2016年 11月 12日

パックマン星雲はやはり

d0343591_10345996.jpg
パックマン星雲(NGC281・カシオペア座)/高野町
2016,11,04 23:26~42分露出(6分×7枚コンポジット)
FSQ106ED(530mm,F5.0)+EOS6D(SEO-SP4)
Rap2でダーク・フラット補正、SIでコンポジット、PSCCで画像処理
※小さいので中心付近の30%を切り出した。

夜半前のメインとしてM31を最低2時間以上露出をしたいと思っていたが、
雲の往来が激しく露出できない!
※1コマ数分の露出が我慢できない。
ぐずぐずしているととんでもない黒雲がやってきたり、
子午線越となってしまったりで撮影は完全停止状態。
(´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

夜半前に何とかお空は復旧(少しもやっているが)したが、
次に撮りたいと思っていたオリオンはまだ高度が低い。
あまり乗り気ではなかったが、
有名なパックマン星雲(NGC281)を撮ることにした。
案の定と言うか、
500ミリでは思っていたより小さく、
のっぺりとして表情がない。
周辺に目立つ天体やアカモノ(HⅡ領域)もなく全く面白くない。
アァ?(´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ

この天体の細部をそれなりに撮ろうと思うなら、
かなり長めの焦点距離(1500ミリ以上位)か、
ナローバンドでの撮影が必要と思った。

でもまあ、超有名天体なのでいつかは撮らんとね!


[PR]

# by yotoumushi555 | 2016-11-12 17:38 | | Comments(6)