夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 21日

AdobeRGB VS sRGB

d0343591_09094928.jpg
↑①AdobeRGBモニターで画像処理→sRGB(ネット用)へ変換
d0343591_09101284.jpg
↑②sRGBモニターで以前画像処理したもの
いずれもFSQ106ED(500mm,F5.0,ISO1600,110分露出(22枚コンポジット))

天気が悪く、タイミングが悪く、おまけに体調もすぐれないので星撮り権兵衛はお休み中。

しかたないので、先般購入した広色域モニターで時間つぶし。

自分のプリンター(Epson PX-7V)で印刷できる色の印刷範囲は広く、
新しいモニターもこの色の範囲をカバーしている。
赤いHα領域について、
ベッタリとした赤一色ではなく多少微妙な赤の違いが表現できるのではと考えたが、
d0343591_11174841.jpg
↑黒い実線の部分がAdobe RGBの色空間

しかし、この赤はAdobe RGBの色空間を超えている。

Prophoto RGBと言う色空間を使えばカバーできるらしいが、
現在どのモニターもプリンターもこれをカバーしているものはなく、
どうも実用的ではないらしい。

それじゃあという事であまり期待できないが、
Adobe RGBで画像処理したものと従前の画像を比較してみた。
※山の緑や、青空には効果的とは思うが天体には?

でも比較するのは少々ムリみたいでした。

Adobe RGBで作成した画像を狭い色空間に押し込んでもしょせん疑似色。
それと、せっかくなので微妙な色カブリをPhoto Shopでレベル調整した結果、
ますます比較しようがなくなった。
┓(;´_`)┏

まあ雰囲気だけ言うと、
Adobe RGBモニターで見た画像は明度が高くリバーサルフィルム(古いですなあ)を見ているようで、
sRGBはプリントを見ている感じでしょうか。

※備忘録としてsRGB(ネット用)への変換について記載


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ


More
[PR]

# by yotoumushi555 | 2017-02-21 08:41 | アイテム | Comments(0)
2017年 02月 09日

星にはカラーマネージメント対応モニターがいいかも

d0343591_21391774.jpg
↑我家の27型広色域モニターとキャリブレータ―(Box)

カラーマネージメント対応モニターを購入したので一天文ファンとして感想を述べたいと思います。

当初は4kモニターが欲しかったのですが、色々調べているうちに心変わりし、
結局キャリブレーションのできる写真編集用のモニター購入となりました。
※4Kは32インチ以上ないと文字が小さくなりすぎて使えません。机の上にも置けません。
値段はとんでもないです。
                  
購入したのは
d0343591_16055362.jpg
BenQ SW2700PT

大まかなスペックは、
・27インチ/WQHD(2560*1440)
・IPS液晶でノングレアパネル ,フリッカーレス
・AdobeRGB99%カバー
・ハードウエア―キャリブレーション対応
・モニター遮光フード付きで7万円弱とリーズナブル

1週間余りの使用ですが廉価な一般用モニターと比べかなり違いがのあることが分かりました。

○正確にキャリブレーションされたモニターは見えるものが違う!
階調が豊富で今まで見えなかった暗い天体がよく見えます。
強烈に画像処理してやっと見えていたNGC3628のうすい尾がモニター上で楽に見えビックリでした。
逆に、画像処理がうまくいっていないことやカブリ補正が十分できていない等画像処理のアラもよく分かります。

○WQHD(27インチ2560×1440ドット)モニターで解像度が上がった
23インチより少し大きいだけですが作業スペースがすごく広くなりました。
文字やアイコンの表示は少し小さくなりましたが、解像度が上がったので不満はありません。
老眼の目にも良く見えます。
   
○何といってもモニターとプリントの色が一致するのがうれしい!
自分にとって精神衛生上こんなに良いことはありませんでした。
今まではプリント用ネット用として別途画像処理をしていました。(邪道ですね)

IPSパネルの画像表示はキレイだが多少コントラストが落ちると聞いていました。
そんなことはなく、くっきりときれいな画像を見せてくれます。

淡い天体の画像処理をするこのとの多いい天文写真ファンこそ良いモニターを使うべきと思いました。
※廉価なモニターは色調整など全く行われていない。(特にノートPCはひどいらしい)
※液晶の色はどんどん変わっていく。(だから写真用はキャリブレーションが必要。)
という事で、知ってビックリでした!

しかし、このモニター良いことばかりではありませんで、

〇説明書がほとんど付いてなく初心者には不親切です
この値段でこの性能に何かあるとは思っていましたが、やっぱりでした。
と言うのは説明書らしきものがほとんど添付されていないのです。
簡単な組み立て方の冊子とCD一枚のみ。
CDにはデバイスドライバーが入っていましたがインストールは不要でした。

やはりEIZOを購入しほうが良かったと後悔しましたが、
嘆いても仕方ないのでネットの記事をあちこち参考にし、
BenQのページで必要なソフトをダウンロードし、
何とかセットアップを完了することができました。

さらに初期設定を済ませ、ちゃんとしたプリントができるようになるまで1週間。
この手のモニターを初めて購入するものにとっては中々しんどかったです。

まあ、このモニターを買うのはプロかかなりのベテランの方ばかりなのでしょうから、
細々した説明書なんていらないのでしょうね。

d0343591_15414926.jpg
↑このモニターではAdbeRGBの範囲内で画像処理・プリントができる。
通常のモニターではsRGBの範囲内。

とてもハードな1週間でしたが、
おかげで色処理に関する知識が少し増え、
今後の星野写真の画像処理にも役立つのではないかと思っています。
せっかくの広色域モニターなので、
これを生かしAdbeRGBで画像処理すれば、
さらにきめ細かい色調表現ができるのではと夢想しています。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ


[PR]

# by yotoumushi555 | 2017-02-09 18:14 | アイテム | Comments(2)
2017年 01月 23日

弾き初め会と天体写真展

d0343591_11361522.jpg
弾き初め会 2017,01,22(福山東部市民センター)

S原先生のレッスンを受け始めてもう6年目、途中休止期間もあり弾き初め会は都合4回目。
でも、ギターを弾ける人の前で演奏するのはどうも苦手。
いつもあがってしまい、さんざんの演奏となってしまう。
今日は少し落ち着いて普段着の演奏ができたような気が・・・
それにしても、うまく弾けないところは相変わらず。
練習以上の演奏なんてできないね!
(●´エ`●)o〇

お昼には弾き初め会が終わったので、
車をとばして岡山市へ。

d0343591_11362013.jpg
岡山アストロクラブ天体写真展(中国電力エネルギアプラザ)

d0343591_11362489.jpg
↑K氏のベラトリックス付近の星野(冷却CCD)

一度行ってみたいと思っていた天体写真展だが、
自分が思うほど詳しい方はいらっしゃらなかったようで、
新たな画像処理の情報を得ることはできなかった。

でもまあ、同好の方と話ができて楽しかったね。
ヽ(゜▽、゜)ノ


[PR]

# by yotoumushi555 | 2017-01-23 13:26 | | Comments(2)
2017年 01月 13日

尾をひく銀河

d0343591_20160782.jpg
しし座のトリオ銀河(2017,01,04 3:04)/世羅西町
FSQ106ED(500mm,F5.0),EOS6D,56分露出(7分×8枚コンポジット)
銀河が小さいので中央付近約30%を切り出した。
d0343591_20161471.jpg
↑上記反転画像(楕円マークの中を注目。分かるかな?)

みんなよく知っているトリオ銀河だが、500ミリ程度では新味はないと思われているが・・・

時間がもったいないのでジョンソン彗星の高度が高くなるまでの間おまけとして撮影した。
彗星撮影の予定がなければもっと長時間露出したかったのだが・・・
ドォスル??(*´・д・)ノ(・д・`*)ドォシヨッヵ・・・

トリオ銀河は距離3500万光年にある銀河群(NGC3593もその一員らしい)だが、
元々あった巨大銀河群(隣のM95銀河群も仲間ではないかと言われている)が引き裂かれ、
孤立して小銀河群となったと言われている。
何億年何十億年前か知らないが、
銀河どおしが密集して押し合い引き合していたころの名残が、
これだ!
d0343591_20162054.jpg
↑銀河(NGC3628)の左に流れる尾

1時間程度の露出では強烈に画像処理してやっと確認できる程度。
いつか思いきっり露出をかけてみたいと思っているが、
撮りたいものが多くて中々思うように撮れないのじゃ!



[PR]

# by yotoumushi555 | 2017-01-13 22:11 | | Comments(4)
2017年 01月 09日

コーン星雲~カタツムリ星雲

d0343591_09122261.jpg
コーン星雲・クリスマスツリー星団・カタツムリ星雲・ハッブルの変光星雲/世羅西町
2017,01,03 22:49~56分露出(7分×8枚コンポジット)
FSQ106ED(530mm,F5.0)+EOS6D(SEO-SP4),ISO1600/Rap2,SI,PSCCで画像処理
※コンポジット枚数が少なく荒れていたので最後にNC Dfineで処理。

コーン・かたつむり・ハッブルの三つをどうしても一緒に撮りたかった。
少々窮屈だが何とか予定どおりの構図となった。
(*^m^*) ムフッ
夏のさそり座頭部と並び最も人気のある星野だろうか。

撮影は機材トラブルやエラーの連続で、当初2時間露出予定が半分になってしまった。
バックが少々Gカブリしており、これを取ろうと四苦八苦したがうまくいかない。
画像処理にこだわれば限り無し、なのであまり不自然にならないうちに打ち止め。
少し光害のあるお手軽撮影地にしてはまあまあの出来かね?(自画自賛)

めぼしい天体について切り出し解説を付けてみた。
興味のある方moreにどうぞ!

【自分メモ】
長年使い込んだPCモニターにげっそり!
フラットが合わず過修正となっているのにPCモニターでは気が付かなかった。
※iPADの画面では良く分かる。
プリントアウトするととんでもなくドギツクひどい。
という事で、
キャリブレーションのできる4Kモニターが欲しいが・・・
物欲退散ゝ
アァ?(´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ



More
[PR]

# by yotoumushi555 | 2017-01-09 00:27 | | Comments(6)