夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 31日

ランナウェイスターのある星野

d0343591_07010710.jpg
↑IC410(左),IC405(右(まが玉星雲))/2016,10,26(世羅西町)
23h59m~105分露出(5分×21枚コンポジット),ISO1600
FSQ106ED(530mm,F5.0)+EOS6D(SEO-SP4)+HEUIBⅡフィルター
Rap2でdark補正、SIでコンポジット、PSCCで化粧直し

HEUIBⅡフィルターを取り付けたフラット(530ミリ用)が完成していないので、
取りあえず周辺減光をカットした画像を掲載した。
ネットに掲載した画像はHⅡ領域全部が同じような赤に見えるが、
モニター(BenQ SW2700PT)上では赤の色相が微妙に異なっており結構きれい!
自画自賛(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
当夜は快晴だったが、湿度が高く輝星が中年太りしたみたいだが?

撮った星野には意図しないものがけっこう写っている。
今日はまが玉星雲の青いフィラメントの中に写っている明るい星だ。
星の名前はぎょしゃ座AE星。
俗称ランナウェイスター(失踪星)と言うやつだ。
※名前を聞いたことはあるが、どこにあるのか知らなかった。

オリオン座で生まれ、何かの拍子(双子の片割れの超新星爆発?で)に生まれたところを放り出されたらしい。
非常な高温の青い星で、周りのHガス(IC405周り)を励起して輝かせているとのこと。
※フィラメント状の青い輝きは反射(星雲)だと思うが・・・
なので、通りすがりのAE星が去ると”まが玉星雲”も輝きを失ってしまうらしい。
はて、何万年、何百万年か・・・宇宙に生々流転を感じますなあ!

d0343591_13034234.jpg
↑調べてみるとIC405とは”まが玉星雲”の上の方だけのことみたいです。


大きい画像を見るにはここ
夜盗虫のアーカイブ



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-31 08:26 | | Comments(1)
2017年 10月 27日

南天の銀河と球状星団

d0343591_15345144.jpg
↑NGC253(右上)とNGC288(左下)/2017,10,26(世羅西町)撮影
21h58m~45分露出(3分×15枚コンポジット)
FSQ106ED+EOS6D(SEO-SP4)+HEUIBⅡフィルター
ISO1600,F5.0,530ミリ,Rap2でダーク補正
※最初の数コマは月明かりがあったが影響なし!

本日はお天気になりそうなので、
久しぶりに星撮りができると楽しみにしていた。
しかし、赤道儀の虫干しをしていて落下事故。
ショック!!!
゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡そんな!!
またやってしまった・・・

赤緯軸シャフトのロックが壊れておりロックできない。
もう使えないだろうと思いながら試運転してみると一応普通に動く。
相当な衝撃を受けているだろうから写真撮影はムリだろう、
でも確認しなければと言うことで、
期待なしで撮影に出かけた。
しかし、ななんと・・・
何とか動き(オートガイドもOK)ちゃんと撮影できた!
 `  ▽  ´ )/ ヤッター

皆さん赤道儀は幼い我が子を抱くように、
大事に運びましょう!

テスト撮影は今まで撮ろうと思いながら撮っていない南天低い銀河。

M31,33に次いで大きい(見かけ上)と言われているので、
3銀河を比べてみた。
d0343591_17005579.jpg
↑いずれもFSQ106ED(530ミリ)で撮影

やっぱりアンドロメダ大星雲は傑出している。
アンドロメダが横綱ならM33は幕の内、NGC253は十両と言うところだろうか。


『追伸』
HEUIBⅡフィルターを使って出ていたゴーストは今回出ていない。
やはりゴーストの原因はフィルターの装着不備みたいだ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-27 17:20 | | Comments(4)
2017年 10月 16日

HEUIBⅡフィルターによるゴースト

d0343591_11490516.jpg
↑HEUIBⅡフィルターによるゴースト!FSQ106ED+645RD+EOS6D(SEO-SP4)
ISO1600,6分露出(3分×2枚コンポジット)10月11日撮影

フィルターのおかげでHα光のコントラストが上がったのは確かだが、
おまけで撮影した季節外れのNGC7000をよく見ると画面端に流星?(人工衛星?)が見える。
残念ながらコンポジットした画像なのでくゴーストだ。
d0343591_11572309.jpg
↑ゴースト画像の拡大

写野にはそんなに明るい星はないので大丈夫と思っていたが・・・
改めてIC1396の画像を見ると少し薄いけれどこちらにもあった。


d0343591_12472311.jpg
左(NGC7000)、右(IC1396)
いずれも左下隅の写真(同倍)

ゴーストの出た両画像を比べてみると、
同じように横構図の左下隅に出てはいるが、
出た場所が異なるのでやはり輝星によるにゴーストの様。
写野には4等程度の恒星しかないのに・・・これは困った!
※ディザリング撮影すれば消えるかも?
( ´д`)ぇ~

どうしたものか販売店に質問してみると、
以前に全く同じ光学系でゴーストが出た例がひとつあるとのこと。
その方のブログを見ると、
ゴーストの原因はフィルター枠の四隅の一つがしっかりはまっておらず、
浮いたような状態でそこから迷光が入り込んだらしい。
フィルターをもう一度しっかりはめて解決したとのことだった。

自分の画像にあるゴーストとよく似ているので、
これではと言う事で本日フィルターを再度はめ換え、
装着具合を確認した。
次回もテスト撮影じゃ!

(追伸)
久しぶりの撮影で問題点多数発見。
①オートガイドの不調?
・ちゃんとガイドしているのに画像が丸くならずが微妙に伸びる。エラー音は全くないので?
・信号ケーブルの接触不良でキャリブレーション中にRA方向にエラーが発生する。     
②フォトショップの設定
・画像をweb用としてJPGで書き出しすると彩度がどうしても高くなる(色がどぎつくなる)
自分の本意ではなく非常に嫌だが、勉強不足・・・

撮影するたびに色々問題点が浮き上がりヤレヤレ状態と言えばそうだが、
すんなり行き過ぎるのも面白くない。
問題点をひとつづつ解決していくのも醍醐味かね!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-16 20:06 | アイテム | Comments(4)
2017年 10月 11日

HEUIBⅡフィルターの効果



d0343591_17582095.jpg
↑HEUIBⅡフィルターファーストライト(ケフェウス座IC1396)/2017,10,11 宇根山
FSQ106ED+645RD+EOS6D(SEO-SP4),ISO1600,30分露出(3分×10枚コンポジット)
Rao2でダーク補正,ステライメージでコンポジット,PhotoshopCCで化粧直し

月の出まで何とか2時間程度撮影できそうなので、
HEUIBⅡフィルターのテストのため宇根山に出かけた。

本日は10月とは思えない位気温が高く地平線近くはかなりもやっており、
少しでも標高を稼ごうとひさしぶりに宇根山頂上(標高約600メートル)に機材を構えた。

何とか天の川も見えるし、
2時間あればそこそこ撮影枚数は稼げるだろうと思っていたらおおまちがい!

10ケ月ぶりのFSQでの撮影という事で、
すっかり手順を忘れており難渋苦行の2時間となった。
※家で仮組み立てして演習したのに・・・Mさんご教示ありがとうございます!

結局ものになったコマは20枚弱だった。

まあ何とかテストできたのでよし!!
(。-∀-) ニヒ

moreに気付きを掲載したので興味のある方はどうぞ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ


More
[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-11 20:20 | アイテム | Comments(2)
2017年 10月 06日

天体写真撮影用フルタ―

d0343591_15554281.jpg
↑EOS6D(SEO-SP4改造)にAIDASのHEUIBⅡフィルターを装着して撮影(左装着後・右装着前)

先般は久しぶりに”星撮りごんべい”出動となったが光害の影響はなはだしく、
思うような写真は撮れなかった。

これではいけないという事で、
光害カットフィルター(AIDASのLPS-D1)の導入について検討したが、
フィルターを付けると露出が倍増することや、
(長時間露出には致命的)
バックも独特のカラーになって手間暇増え・・・
( ̄Д)=3

まあ前回のような低空の撮影は、
彗星など突発的なこと以外まずないであろうと考え、
導入はストップした。

代わりに少しでもHα光のSNを稼ごうという事で、
以前より検討していたHEUIBⅡフィルターを購入することにした。
※このフィルターはHαは良く透過するが改造カメラの赤カブリは押さえ、
何とも都合が良い!

NETでポチると翌日には早くも配達となり、
直ちに装着してテスト撮影した。(上の写真)

d0343591_16292738.jpg
↑フィルター装着後(赤カブリが無くなった)

d0343591_16293351.jpg
↑フィルター装着前(赤くカブル)

ヒストグラムを見る限り、
これならバックのカブリ補正はほとんど必要ないようで、
次回星撮りが楽しみだ!
( ^ω^ )ニコニコ

フィルター装着に係り多少バタバタしたので、
参考のためmoreに記録を残した。
興味ある方はどうぞ。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ


More
[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-06 19:07 | アイテム | Comments(3)