夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:星( 45 )


2016年 05月 06日

風に吹かれて

d0343591_18463461.jpg
ω星団から回転花火星雲/高宮町
2016,05,04 22h01m~1分露出+22h16m~1分露出各1枚をパノラマ合成
ISO1600,EOS6D(Seo-SP)+Apo Sonnar T*135mmF2(3.2)
TOAST TP2で自動ガイド、PSCCで微調整、16:4.5で切り出し

本来なら全天で一番カラフルなさそり座頭部の写真が掲載されるはずだったが・・・

久しぶりの快晴の予感に張り切って高宮町まで出張撮影。(片道2時間弱)
松江道から眺める木立は少し揺れていたが、
西側に遮蔽物があれば何とかなるだろうと安気に構え、
明るいうちに目的地に到着した。
案の定いつもの撮影場所は連続的な風があり撮影は無理と判断。

少し下になるが野外ステージ?前の広場と言うのだろうか?
ここなら西と北が少し高くなっており、
風を遮ってくれるものと判断して一式展開した。
d0343591_21183683.jpg
↑標高約700Mω星団もよく見える

お目当てのさそり座の撮影は23時過ぎから。
時間つぶしにω星団~ケンタウルス座A~M83を撮って遊んでみることにした。

赤道儀セッティング・望遠鏡のピン出し・オートガイダーの準備が完了し、
さあこれから撮影となったころから、
風向きが変わったのか望遠鏡の周りに風が出てきた。

何コマか撮影したものの、時折すごい突風で望遠鏡があおられる。
FSQ106で撮影した画像をチェックしてみるとあまりかんばしくない。
※同様にTOASTの画像もイマイチだった。

と言うことで、
あっさり望遠レンズをSXDに乗せ換えて撮影を継続しようとも考えたが、
その前に長い延長フードを外すと風の影響が弱まることを思い出し、
FSQの延長フードを外してみた。
何とかなればと願いながら赤道儀を再セットし終わり、
さあこれからピン出しをしようと言うときになって、
肝心のバーティノフマスクがどこにも見当たらない。
ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

最初にピン出しした時どこか変なところに置いたみたいな・・・
30分以上あちこち探し回ったがやはり出てこない。
(;´Д`) うぅっ。。

と言うことで、
結局、風は止みそうにないし、
明日は用事もあるしと理屈をつけ撮影を中止した。
・・・
やはりと言うか、
帰るる時に思ってもみなかったところにバーティノフマスクを発見。
(*´д`)=з

しかし、一人じゃもう一度望遠鏡を再セットする気力はないので、
バーティノフマスクを拾い上げて帰宅した。

でもまあ、久しぶりのさそり座はきれいだった!
そして久しぶりのボブ・ディランじゃった。

家に帰っても難渋苦行は続く。

面白くないので、何とか使えそうなコマを引っ張り出し、
パノラマ合成しようと思っていたら、
メモリー不足の表示が出てPSCCが動かなくなってしまった。
(解決に二日を要した。windows10はやねこいね!)
また、何度やってもPhotomergeでうまくパノラマ合成できず、
強引に手動でパノラマ合成した結果、
つなぎ目が目立つ醜い絵になってしまった。

でもまあ記念の写真は何とかゲットできた。


[PR]

by yotoumushi555 | 2016-05-06 22:36 | | Comments(2)
2016年 04月 30日

しし座のトリプル銀河

d0343591_16094946.jpg
しし座のトリプル銀河(左からM66/M65/NGC3628)/宇根山
2016,04,29 23h11m~72分露出(4分×18枚コンポジット)
ISO1600,FSQ106ED(530mmF5.0)+EOS6D(Seo-SP)
※中央の30%を切り出して縮小した。

天気予報によると29日(金)は一晩中晴れ!
久しぶりにたっぷり”星撮りごんべい”ができると喜んだ。
ヾ( ゚∀゚)ノ゙

夜半過ぎると下弦の月が上ってくるが、薄明終了から4時間以上撮影できる。
しかし、夏の天体は高度が低すぎてギャラクシーしか撮るものがない。
色々考えたあげく撮影決定したのが”しし座のトリプル銀河”。

天文ファンにはおなじみの3銀河(距離3000万光年)だが、
この中のひとつNGC3628は銀河の相互作用により長い潮汐の尾(30万光年)をたなびかせている。
これを撮るには長大な露出時間が必要で、国内ではこの尾の写真はほとんど見ることがない。
と言うことで、どの程度写るものか撮影時間全てをこれにかけてみようと思った。

興味があれば続き(More)をご覧ください!



More
[PR]

by yotoumushi555 | 2016-04-30 17:51 | | Comments(3)
2016年 04月 10日

マルカリアンの銀河鎖

d0343591_18373270.jpg
マルカリアンチェーン付近/2016,04,08(FSQ106ED,530mm,F5.0+EOS6D)
ISO1600,84min(4min×16枚コンポジット),Rap2,SI7.0,PSCC/宇根山

中々星の撮れるような天気(勿論月明かりが無くて)になってくれず、
このままでは4月も星撮り権兵衛はお休みと思っていた。
しかし、GPV天気予報を見ると何とか2~3時間は晴れそう。
春先特有のもやった空ではあるが、たまらず出動した。
ヾ(´^ω^)ノ♪
※本日は良い写真と言うより、
先般より検討していたフラット画像撮影が大きな目的なので、
撮影はお気楽。

それにしても、目立つ赤モノ(HⅡ領域)の無いこの時期何を撮ろうかちょいと考えた末、
一度撮ってみたかったマルカリアンチェーンに決定。
NGC4458をセンターに導入するとカメラ横位置でドンピシャの構図。
無理やり16コマコンポジットしてみたが、
細部は写らず少々寝ぼけた写真となってしまった。
d0343591_20283699.jpg
マルカリアンチェーン付近の銀河(S.N10で同定)

せっかく撮った超久しぶりの天体写真なので、
銀河の名前等調べて一日遊んだ。

※マルカリアンチェーンとは?
おとめ座銀河団の内共通の固有運動をしている八つの銀河(M84,M86,NGC4477,NGC4473,
NGC4461,NGC4458,NGC4438,NGC4435)について、これを研究発見したBEマルカリアン
にちなみ”Markarian's Chain”(ほぼ直線に並んでいるので)と名前が付けられた。
他に見える銀河は見かけ上

びっくりしたのは、ひときわ奇妙な形をしているNGC4438は、
少し離れたところにある楕円銀河M86と衝突した後の姿であること。
※交通事故でボコになった自動車の様?
両者の距離が何百万光年離れているか知らないが、
現在の位置関係からみて、
この衝突が起こったのはいったい何年(億年)前なのか・・・?
宇宙の広さと時間の大きさに Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

いやはや、たった一枚の写真だが暇つぶしと、
生活には役に立たない知識がまた増えたぞ!


[PR]

by yotoumushi555 | 2016-04-10 21:55 | | Comments(3)
2016年 02月 19日

奇妙な構図

d0343591_07564704.jpg
アルニタク~アルニラム辺りの星野(オリオン座)
2016年2月10日21時32分~90分露出(3分×30コマコンポジット)
FSQ106ED(530mm,F5.0,ISO1600)+EOS6D(Seo-SP4)/宇根山
RAp2→ダーク・フラット処理,SI7.0→コンポジット,PSCC→お化粧

今シーズン最後の冬の天体撮影になるかも、
と言うことできばって30コマ撮影したオリオン三ツ星付近の星野、
そのできあがりがこれだ。
人口十万近い町の郊外はけっこう光害があり、
しかも春先ぽい少し白けた空。
光害カットフィルターも付けていないのに結構写っていた。
ヾ((*´・∀・`))ノ

しかし天文ファンなら、
馬頭星雲の右が不自然にカットされているのに気が付くだろうね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

More
[PR]

by yotoumushi555 | 2016-02-19 12:53 | | Comments(4)
2016年 02月 11日

冬の赤いクラゲ

d0343591_17420878.jpg
クラゲ星雲(IC443/ふたご座)
2016年2月10日23時20分~39分露出,ISO1600,(3分×13コマコンポジット)
FSQ106ED(530mm、f5.0)+EOS6D(SEO-SP4)/宇根山
Rap2→ダーク、フラット補正、SI7.0→コンポジット、PSCC→お化粧


前回は霞のひどい天気で「ウーム・・・」
今夜こそと出かけたが、
よく晴れてはいるのに空は少し白ぽい。
それでも5日よりはだいぶマシなので馬頭星雲の撮影スタート。

撮影が進むにつれ空はますます白んでくる。
春の空だ!!
これ以上やってもいい結果は望めなかろうと30コマで撮影を終了した。

これで帰ろうと思ったが1対象だけでは寂しいので、
ふたご座にあるモンキー星雲とクラゲ星雲あたりを撮影することにした。
500ミリで二つとも視野の中に入るが、
二つ入れるときゅうくつな構図になるので、
クラゲ星雲とその隣にある暗いHⅡ領域を撮ってみた。

結果、500ミリでも超新星爆発残骸のねじれた構造が良く分かり、
近くの小さな青い星雲がワンポイントになり、
中々面白い星野であることが分かった。
(●´∀`●*)ゝ

来シーズンはじっくり時間をかけて撮ってみたい!

※中央部分の20%を切り出しているが、
画像圧縮で細かい部分が見えなくなり残念。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
[PR]

by yotoumushi555 | 2016-02-11 16:57 | | Comments(2)
2016年 02月 07日

去り行くカタリナ

d0343591_10001351.jpg
周極星となったカタリナ彗星
2016年2月5日20時22分~12分露出(3分×4枚コンポジット)
FSQ106ED+RD645(380mm,F3.6),Rap2+SI7.0+PSCC

久しぶりに晴れ間がのぞきそうなので宇根山へ出かけた。
到着した時は雲が多く極軸のセティングもままならなかったが、
1時間待つと晴れ間が広がり、
雲が全く無くなり”ど快晴”
「やれうれし!」
ヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

しかし、よく見ると空は妙に白けておりまるで春霞の様。
せっかくなので10コマばかりパチリとしたが、
まあ記念写真と思えば・・・・

それにしてもこの彗星の一番華やかな時はいつも撮れず残念な思いをした。
タイミングが悪いと言うか、ご縁がないと言うか・・・

[PR]

by yotoumushi555 | 2016-02-07 10:27 | | Comments(2)
2016年 01月 17日

春の銀河その1

d0343591_22431689.jpg
M51(子持星雲)と周辺のギャラクシー
2016年1月10日午前03時15分~6分露出
FSQ106ED(530mm,F5.0,ISO1600),Rap2、SI7.0、PSCC
3分×2コマをコンポジット

このところ天気の悪い日が続き月齢も大きくなってきたので、
当分星撮りなど行けそうにない。

と言うことで、
先般撮影した春の銀河の有名どころを画像処理して遊んだ。
たった二枚の画像なのでコンポジットしても絵にならないと思っていたが、
結構それっぽい絵(荒いですが)になった。

暇つぶしに周辺に写っている銀河を調べてみると、
17等クラスのものまではっきり確認できて驚いた!
ヾ(*´Ο`*)/
よう写ります・・・
ようせんじゃろうけど超新星捜索もできそう。

[PR]

by yotoumushi555 | 2016-01-17 23:18 | | Comments(4)
2016年 01月 13日

カタリナ彗星の夜

d0343591_19424840.jpg
カタリナ彗星(C2013/US10)
2016年1月10日02時17分~3分露出/宇根山
FSQ106ED(F5.0,530mm,ISO1600)+EOS6D(Seo-SP4)
PSCCで画像処理


カタリナ彗星をやっと月明かりの無い環境で撮影できた。
地球に接近中と言うことで少し期待していたが・・・
「(´へ`;ウーム

核は確かに大きく見えるようになったが尾のほうはすっかり薄くなった。
天気の悪い日が多かったと悔やんでも仕方なし。
まあ、あまりご縁がなかったのでしょう。

メトカーフコンポジットがうまくいかないので、
1枚画像を強調処理した。
低空でイマイチ透明度も良くないが、
なんとかイオン・ダストの尾ともあぶり出すことができた。
ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

それにしてもKさんありがとうございました。
一人であの天気ではカタリナ彗星が上がってくるまでしんぼうできなかったと思います。
m(_ _)m

※カメラのモニターを拡大し撮影した画像を連続表示させると,
彗星が星間を動いていることがよく分かり驚いた。
焦点距離が500ミリにもなるとメトーカーフ処理は必須だね!

[PR]

by yotoumushi555 | 2016-01-13 20:32 | | Comments(2)
2016年 01月 10日

初星野

d0343591_10360959.jpg
コーン~ハッブルの変光星雲
2016年1月9日22時39分~27分露出/宇根山
FSQ106ED(F5.0,530mm,ISO1600)+EOS6D(Seo-SP4)
3分×9コマコンポジット・PSCC

年が明け、月明かりの影響も少なくなり早く撮影に行きたくてうずうずしていたが、
天候がすっきりせずやきもきしていた。
やっと2時間あまり晴れ間がのぞいてくれてやれやれ・・・
(^○^)

但し、久方の撮影はアクシデント多発と言うか、手順や注意すべきことを忘れていたりで、
せっかく24コマ撮影したのに使えるのはたったの9コマだけになってしまった。
初心忘れるべからず!

【反省事項】
①バーティノフマスクを外すのを忘れないこと
②ケーブルの引っ掛かりに注意すること・・・  
③しっかりファインダーを合わせておくこと・
※ピント再調整した後の構図が狂う・・・
※子午線超えした画像と構図が大きく狂う
結果大きくトリミングすることになる
④パソコンの電源ケーブル抜けに要注意・・・
等々
またやってしまった!
(ノ△・。)

少々露出不足の画像だが、
これを見ていると高校生のころ見たパロマ天体写真集(シュミットで撮影)のモノクロの写真を思い出す。
あの写真にずいぶんインパクトを受けたものだが、あれからもうウン十年もたってしまった。
「(´へ`;ウーム



[PR]

by yotoumushi555 | 2016-01-10 11:33 | | Comments(2)
2015年 12月 15日

ドッキリ天体

d0343591_08175229.jpg
2015年12月8日02時16分~48分露出/世羅西町
FSQ106ED+645RD(F3.6,380mm,ISO1600)+EOS6D(Seo-SP4)
Rap2・SI7.0(3分×16コマコンポジット)・PSCC

GPV天気予報(39時間予報)によれば土曜日は夜半過ぎまで県中部は良い天気のはずだったが大外れ。
現地で二時間近く待ったのだが・・・
(p_q)うわーん

と言うことで家に帰り、
暇つぶしに12日に撮った気になる天体について調べた。
d0343591_08180892.jpg
↑撮影場所



More
[PR]

by yotoumushi555 | 2015-12-15 09:38 | | Comments(2)