夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:星( 50 )


2017年 12月 04日

天体写真・星景写真展

d0343591_16155352.jpg
↑写真展ポスター

岡山アストロクラブ写真展が始まったので、初日(12/2)に行ってきました。
ほとんど幽霊会員に近い自分ですが、
厚かましく今回の写真展に展示させていただきました。

月・惑星・星雲団・星景写真・オーロラ・ロケット打ち上げ等幅広い写真が展示されています。
※30点展示、専門雑誌に掲載されたすばらしい写真もあります。
会員の皆さんの懇切丁寧な解説をきくことができ、
こじんまりとしていますがとてもすばらしい写真展です。
星や宇宙に興味ある方は是非お出でください。
とここまではコマーシャルです。

初めてクラブのメンバーと対面すること、
若い方ばかりではたして話が通じるものかと足踏みしていましたが、
昼食をはさんで二時間以上の星談義となり・・・
( * ⌒ ◯ ⌒ ) ワーイ

自分の近くには仲間がの少ないので、
外国に長いこと住んでいて、
日本語を久しぶりに思い切りしゃべった様な塩梅でした。
星語が通じるって良いですね!

H会長はじめ同席された皆さんありがとうございました。

d0343591_16483525.jpg
↑倉敷科学センター正面
d0343591_16492105.jpg
↑右が写真展会場
d0343591_16504068.jpg
↑写真展会場内

【追伸】
今回の写真展を記念して,
展示写真全てを掲載した本を自費出版。
※アストロクラブ初で、販売しています。

d0343591_17084925.jpg
d0343591_17090273.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ


[PR]

by yotoumushi555 | 2017-12-04 17:23 | | Comments(4)
2017年 11月 17日

オリオン座の超うすもの

d0343591_21282794.jpg
↑”Sh2-278付近” 2017,11/17 00:37~20分露出(4分×5枚コンポジット,ISO1600)/世羅西町
※Sh2-278hは央下の赤いV字形、輝星は 20τOr(4等)
TAKAHASHI106ED(530mm,F5.0)+EOS6D(SEO-SP4)
RAp2でダーク・フラット補正,SIでコンポジット,Photoshopで化粧直し

久しぶりのお天気に”星撮りごんべい”は張り切って出動したが、
日が落ち、機材の設定もでき、薄明も終り、いざ撮影となったころのこと。
見上げる夜空は??
まるで春先のように薄いベールをかぶった様。
透明度悪し!

でもまあ久しぶりのお天気なので、
テスト撮影と割り切りいくらか天体を撮影した。
※防水対策が功を奏したようで機器のエラーがなくなった。
※赤道儀も順調に稼働。                
※但し、相変わらず赤緯側に微妙なガイドエラーがある。 

こんな空にいくら露出を重ねても良い画像が得られるわけもなく、
いい加減帰ろうと思っていたが、
夜中近くなると気になっていた街灯りの影響がなくなり、
お空の方もだいぶすっきりしてきた。

という事で、
以前より気になっていたオリオン座の超うすもの(Sh2-278)が、
どの程度写るものかテスト撮影してみることにした。
※この赤い星雲(HⅡ領域)の周りには多くの青い星雲がまとわりついている。

幸い子午線越えまで2時間弱の露出ができそうなので、
何とか存在ぐらいは写せるだろうと思っていたら、
大失敗!!
゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡そんな!!

せっかく車中でモニター(無線ラン)していたのに赤道儀の不調に気付かず、
撮影済み画像の大方が反故となってしまった。
※夜中過ぎると注意力散漫です。

結局モノになった画像ははたった5枚。
試しに1枚画像を強調処理してみるが星雲はバックに埋もれほとんど識別不能。
すぐ近くにある”魔女の横顔”よりはるかに淡い。

それでも何とか姿を見たいと思い、
5枚コンポジットしたものを思い切り画像処理。
最後にNik Collectionを使うと出てきた!!

普通のカメラでは4~5時間程度の露出が必要だろうと思っていたので、
これにはビックリ!!

荒れていますが大きい写真はこちら

d0343591_10274377.jpg
↑sh2-278位置


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-11-17 23:16 | | Comments(6)
2017年 11月 08日

新しく生まれた星雲の今は

d0343591_16405449.jpg
↑バーナーとループとM78星雲
2017,10,27 02:23~70分露出(5分×14枚コンポジット)
FSQ106ED+SEO-SP4+HEUIBⅡフィルター
ISO1600,530mm,f5.0

前回遠征最後のコマだが、
構図に失敗しLDN1622(暗黒星雲)を一緒に撮ることができなかった。
さらに、ひどいゴーストがまたまた発生したり、
ゴミも付着しており露出不足で汚い。
※夜も更けてくると集中力は切れ失敗ばかり。

いっそ没にしようかと思ったが、
何か面白いものはないか探してみると、
あった!!
(。+・`ω・´)シャキーン☆

その天体は反射星雲(M78)のすぐ近く。
13年前に話題となった天体だ。
※この時期”星撮りごんべい”は休業中でした。

答えを知らない方はMoreをごらんください。

かなり荒れていますが大きい画像はここから

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ


More
[PR]

by yotoumushi555 | 2017-11-08 17:45 | | Comments(4)
2017年 10月 31日

ランナウェイスターのある星野

d0343591_07010710.jpg
↑IC410(左),IC405(右(まが玉星雲))/2016,10,26(世羅西町)
23h59m~105分露出(5分×21枚コンポジット),ISO1600
FSQ106ED(530mm,F5.0)+EOS6D(SEO-SP4)+HEUIBⅡフィルター
Rap2でdark補正、SIでコンポジット、PSCCで化粧直し

HEUIBⅡフィルターを取り付けたフラット(530ミリ用)が完成していないので、
取りあえず周辺減光をカットした画像を掲載した。
ネットに掲載した画像はHⅡ領域全部が同じような赤に見えるが、
モニター(BenQ SW2700PT)上では赤の色相が微妙に異なっており結構きれい!
自画自賛(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
当夜は快晴だったが、湿度が高く輝星が中年太りしたみたいだが?

撮った星野には意図しないものがけっこう写っている。
今日はまが玉星雲の青いフィラメントの中に写っている明るい星だ。
星の名前はぎょしゃ座AE星。
俗称ランナウェイスター(失踪星)と言うやつだ。
※名前を聞いたことはあるが、どこにあるのか知らなかった。

オリオン座で生まれ、何かの拍子(双子の片割れの超新星爆発?で)に生まれたところを放り出されたらしい。
非常な高温の青い星で、周りのHガス(IC405周り)を励起して輝かせているとのこと。
※フィラメント状の青い輝きは反射(星雲)だと思うが・・・
なので、通りすがりのAE星が去ると”まが玉星雲”も輝きを失ってしまうらしい。
はて、何万年、何百万年か・・・宇宙に生々流転を感じますなあ!

d0343591_13034234.jpg
↑調べてみるとIC405とは”まが玉星雲”の上の方だけのことみたいです。


大きい画像を見るにはここ
夜盗虫のアーカイブ



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-31 08:26 | | Comments(1)
2017年 10月 27日

南天の銀河と球状星団

d0343591_15345144.jpg
↑NGC253(右上)とNGC288(左下)/2017,10,26(世羅西町)撮影
21h58m~45分露出(3分×15枚コンポジット)
FSQ106ED+EOS6D(SEO-SP4)+HEUIBⅡフィルター
ISO1600,F5.0,530ミリ,Rap2でダーク補正
※最初の数コマは月明かりがあったが影響なし!

本日はお天気になりそうなので、
久しぶりに星撮りができると楽しみにしていた。
しかし、赤道儀の虫干しをしていて落下事故。
ショック!!!
゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡そんな!!
またやってしまった・・・

赤緯軸シャフトのロックが壊れておりロックできない。
もう使えないだろうと思いながら試運転してみると一応普通に動く。
相当な衝撃を受けているだろうから写真撮影はムリだろう、
でも確認しなければと言うことで、
期待なしで撮影に出かけた。
しかし、ななんと・・・
何とか動き(オートガイドもOK)ちゃんと撮影できた!
 `  ▽  ´ )/ ヤッター

皆さん赤道儀は幼い我が子を抱くように、
大事に運びましょう!

テスト撮影は今まで撮ろうと思いながら撮っていない南天低い銀河。

M31,33に次いで大きい(見かけ上)と言われているので、
3銀河を比べてみた。
d0343591_17005579.jpg
↑いずれもFSQ106ED(530ミリ)で撮影

やっぱりアンドロメダ大星雲は傑出している。
アンドロメダが横綱ならM33は幕の内、NGC253は十両と言うところだろうか。


『追伸』
HEUIBⅡフィルターを使って出ていたゴーストは今回出ていない。
やはりゴーストの原因はフィルターの装着不備みたいだ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-10-27 17:20 | | Comments(4)
2017年 09月 28日

超低空の彗星

d0343591_07454763.jpg
↑エーサスエスエヌ彗星(2017,09,24/世羅西町)
ApoSonnr135mmF2(2.8)23h46m~18分露出(30秒×36枚コンポジット)

水蒸気が多く夏のような天気だったが、
Mさんの後押しで久しぶりに”星撮りごんべい”出動となった。
少々潤んではいたが満天の星空を堪能!
(^-^ ) ニコッ

本日はエーサスエスエヌ彗星(スバルも含め)~カリホルニア星雲を撮影して、
モザイク写真を作成するつもりだったが、
夜半過ぎに霧が発生(予報どおり)したため超低空でしか撮影できなかった。
案の定カブリがはなはだしく、
これを除去しようと頑張ってみたが結果不十分。
でも、まあ何とか記念写真にはなったか?
(自画自賛!)

※自分用メモ
グラデーションマスクでカブリ補正(色カブリ(R.G)処理後、
明暗差(RGB全色)について更に補正)
最後にNik Collection(Color Efex Pro4→色カブリ除去)
周辺減光は作成したフラット(PCディスプレー使用)が良かったようできれいに除去できた。
しかし、ひどい光害光の除去は中々調整できず頭を抱える。
また、バックは分子雲だらけでこれが判断をさらに困難にした。
最後に使ったColor Efex Pro4のおかげで思っていたイメージに近くなったような・・・
初めて設定したISO3200は少し色乗りが悪い気がするが?


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-09-28 09:29 | | Comments(3)
2017年 09月 07日

小惑星フローレンス動画


↑ApoSonnar135mmF2.0(5.0),30秒露出,60コマで動画作成
1時間半を12秒に短縮(450倍速)8月31日撮影

地球に大接近した小惑星フローレンス(3122)について、
確認のため現場でカメラモニターを拡大し、
パラパラ漫画風にして見たのは印象的だった。
忘れらないのでこれを動画にしてみた。

当初シリウスコンプで作成しようと思ったがうまくいかず(Win10では動かない?)
ムービーメーカー等で試してみたがこれもうまくいかず、
最終的にフォトショップCCで作成。

焦点距離が短いので小惑星付近を大きく拡大して切り抜いた。
どうやって正確に切り抜くか?
どうやって位置合わせするか?
少々悩んだ。

十分とは言えないが、まあ何とか見れるものになったような気がする。
※自画自賛

それにしても、たった1回の撮影で何度も楽しめるとは・・・

(^◞ฺ♢ฺ^) ニヤリ



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-09-07 16:42 | | Comments(2)
2017年 09月 01日

小惑星フローレンス大接近

d0343591_13352258.jpg
↑小惑星フローレンス(3122)2017,08,31/宇根山(三原市久井町)
22h12~ EOS6D+Aposonnar135mmF2.0(5.0)で30秒露出 ISO1600
トーストによる自動ガイド 焦点距離が短いので画像の30%を切り出している

巨大サイズ(4キロオーバー)の小惑星が9月1日に地球に大接近する。
地球に激突すれば恐竜絶滅時並みの災害が予想されるのに、
いささか遠い(距離800万キロ)と言うことなのか、
巷ではあまり話題に上がってない。
でも、800万キロなんて宇宙的にはニアミスも良いところなんだけど・・・

d0343591_13352754.jpg

上の写真のアップ(15分間隔で撮影した画像4枚を比較明合成)

目標天体はやぎ座の北側にあるが、
近くに月齢10の月があり、
まぶしくてやぎ座はさっぱり分からない。
仕方ないので、
かろうじて見えるわし座のθ~やぎ座(アルゲディ)~みずがめ座(アルバリ)を見つけ、
何とか予定の構図にセットすることができた。
少しもやもあり、
こんな空で写るものか心配したが
( * ⌒ ◯ ⌒ ) ワーイ

久しぶりの撮影で事後処理に夢中になり、
時間の経過も忘れてしまった。
やっぱり家でじっとしておらず出かけるべきじゃ!

確認のためカメラのモニターに映る画像を拡大し、
早送りしてパラパラ漫画風の動画として見た。
小惑星が星々の間を動いている姿の何とも印象的で、
時間がゆるせば動画も作成したいね。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

[PR]

by yotoumushi555 | 2017-09-01 15:06 | | Comments(2)
2017年 01月 13日

尾をひく銀河

d0343591_20160782.jpg
しし座のトリオ銀河(2017,01,04 3:04)/世羅西町
FSQ106ED(500mm,F5.0),EOS6D,56分露出(7分×8枚コンポジット)
銀河が小さいので中央付近約30%を切り出した。
d0343591_20161471.jpg
↑上記反転画像(楕円マークの中を注目。分かるかな?)

みんなよく知っているトリオ銀河だが、500ミリ程度では新味はないと思われているが・・・

時間がもったいないのでジョンソン彗星の高度が高くなるまでの間おまけとして撮影した。
彗星撮影の予定がなければもっと長時間露出したかったのだが・・・
ドォスル??(*´・д・)ノ(・д・`*)ドォシヨッヵ・・・

トリオ銀河は距離3500万光年にある銀河群(NGC3593もその一員らしい)だが、
元々あった巨大銀河群(隣のM95銀河群も仲間ではないかと言われている)が引き裂かれ、
孤立して小銀河群となったと言われている。
何億年何十億年前か知らないが、
銀河どおしが密集して押し合い引き合していたころの名残が、
これだ!
d0343591_20162054.jpg
↑銀河(NGC3628)の左に流れる尾

1時間程度の露出では強烈に画像処理してやっと確認できる程度。
いつか思いきっり露出をかけてみたいと思っているが、
撮りたいものが多くて中々思うように撮れないのじゃ!



[PR]

by yotoumushi555 | 2017-01-13 22:11 | | Comments(4)
2017年 01月 09日

コーン星雲~カタツムリ星雲

d0343591_09122261.jpg
コーン星雲・クリスマスツリー星団・カタツムリ星雲・ハッブルの変光星雲/世羅西町
2017,01,03 22:49~56分露出(7分×8枚コンポジット)
FSQ106ED(530mm,F5.0)+EOS6D(SEO-SP4),ISO1600/Rap2,SI,PSCCで画像処理
※コンポジット枚数が少なく荒れていたので最後にNC Dfineで処理。

コーン・かたつむり・ハッブルの三つをどうしても一緒に撮りたかった。
少々窮屈だが何とか予定どおりの構図となった。
(*^m^*) ムフッ
夏のさそり座頭部と並び最も人気のある星野だろうか。

撮影は機材トラブルやエラーの連続で、当初2時間露出予定が半分になってしまった。
バックが少々Gカブリしており、これを取ろうと四苦八苦したがうまくいかない。
画像処理にこだわれば限り無し、なのであまり不自然にならないうちに打ち止め。
少し光害のあるお手軽撮影地にしてはまあまあの出来かね?(自画自賛)

めぼしい天体について切り出し解説を付けてみた。
興味のある方moreにどうぞ!

【自分メモ】
長年使い込んだPCモニターにげっそり!
フラットが合わず過修正となっているのにPCモニターでは気が付かなかった。
※iPADの画面では良く分かる。
プリントアウトするととんでもなくドギツクひどい。
という事で、
キャリブレーションのできる4Kモニターが欲しいが・・・
物欲退散ゝ
アァ?(´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ



More
[PR]

by yotoumushi555 | 2017-01-09 00:27 | | Comments(6)