夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ

2016年 12月 10日 ( 1 )


2016年 12月 10日

魔女の横顔再処理

d0343591_07101790.jpg
↑魔女の横顔(IC2118)再処理画像、露出90分(5分×18枚コンポジット)
その他のデータは前回に同じ

あまりにもひどい画像だったので”魔女の横顔星雲”の画像を再掲する。

前回掲載の画像はバックグラウンドのカブリ?が画像の位置によりマチマチ。
思うように補正できておらず納得いかない画像だった。

手法を改め、一からやり直した結果何とかがまんできる程度に修正できるとともに、
その原因と対処方法も分かった。(多分)
※前回と異なり画像処理は随分楽になった。

まだ完ぺきとは言えないがまあまあの絵だろうか!
ヽ(´∀`)ノ⌒♪


【自分用メモとして】
○原因
長時間撮影していると地平高度(大気による減光)・天気(雲・霧・もや)・光害により画像はカブってくる
が、その出方はたぶんRGBで異なり時間と共に変化するようだ。極端にカブリの異なるコマを一括してコン
ポジットすると補正しきれなくなる。→画像の場所でカブリがまちまちで、結果補正しきれなくなる。それ
が今回の画像。全数一括コンポジットできず複数回に分けてコンポジットしたことも問題をややこしくした。
○対処
今回の対処方法は、コンポジットする前の画像(Tiff)をPSCCで開き、目立つ光害カブリを軽く除去して後彩
度を100%に上げたものを準備し、次の画像も同じように処理して彩度を上げたもの同士で比較して極端に色
分布が異なるものを排除してコンポジットする。
○実際の処理
1枚づつ処理していては大変なので、複数枚コンポジット(5枚程度)した未調整の画像で彩度比較し極端に色
分布の異なる画像(結局低空の画像が大方)を排除し、似かよったものだけでコンポジットして再度PSCC
で調整した。

※このやり方で100%正解とは思わないが、効果のあることは
出来上がった画像を比較してみると正に・・・

長時間露出で多くのコマがゲットできたと安直にコンポジットするものではありません。
罠が潜んでおりますので要注意!


[PR]

by yotoumushi555 | 2016-12-10 15:28 | | Comments(4)