2017年 02月 21日

AdobeRGB VS sRGB

d0343591_09094928.jpg
↑①AdobeRGBモニターで画像処理→sRGB(ネット用)へ変換
d0343591_09101284.jpg
↑②sRGBモニターで以前画像処理したもの
いずれもFSQ106ED(500mm,F5.0,ISO1600,110分露出(22枚コンポジット))

天気が悪く、タイミングが悪く、おまけに体調もすぐれないので星撮り権兵衛はお休み中。

しかたないので、先般購入した広色域モニターで時間つぶし。

自分のプリンター(Epson PX-7V)で印刷できる色の印刷範囲は広く、
新しいモニターもこの色の範囲をカバーしている。
赤いHα領域について、
ベッタリとした赤一色ではなく多少微妙な赤の違いが表現できるのではと考えたが、
d0343591_11174841.jpg
↑黒い実線の部分がAdobe RGBの色空間

しかし、この赤はAdobe RGBの色空間を超えている。

Prophoto RGBと言う色空間を使えばカバーできるらしいが、
現在どのモニターもプリンターもこれをカバーしているものはなく、
どうも実用的ではないらしい。

それじゃあという事であまり期待できないが、
Adobe RGBで画像処理したものと従前の画像を比較してみた。
※山の緑や、青空には効果的とは思うが天体には?

でも比較するのは少々ムリみたいでした。

Adobe RGBで作成した画像を狭い色空間に押し込んでもしょせん疑似色。
それと、せっかくなので微妙な色カブリをPhoto Shopでレベル調整した結果、
ますます比較しようがなくなった。
┓(;´_`)┏

まあ雰囲気だけ言うと、
Adobe RGBモニターで見た画像は明度が高くリバーサルフィルム(古いですなあ)を見ているようで、
sRGBはプリントを見ている感じでしょうか。

※備忘録としてsRGB(ネット用)への変換について記載


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ




Adobe RGBで作成した画像をsRGB(ネット用)へ変換する方法

①「編集」→「プロファイル変換」→変換後のカラースペースを(作業用)sRGBに変更
※当初はYMCK(印刷用)になっている
d0343591_07390650.jpg
②「ファイル」→「書き出し」→「Web用に保存」→”sRGB”に変換を確認して「保存」
d0343591_08263605.jpg





[PR]

by yotoumushi555 | 2017-02-21 08:41 | アイテム | Comments(0)


<< お庭のアミガサタケ      星にはカラーマネージメント対応... >>