夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 30日

NGC1333付近の分子雲

d0343591_17055009.jpg
↑NGC1333(中央左の白い雲状天体)/高野町
2016,11,26 01:29~55分露出(5分×11コマ)
FSQ106ED+645RD(380mm,F3.6)+EOS6D(SEO-SP4),ISO1600
Rap2(ダーク・フラット処理)→PSCC(DNG現像(ホワイトバランス調整)・Tiff保存)
→SI(コンポジット・デジタル現像・Iiff保存)→PSCC(化粧直し)

分子雲という大仰なタイトルの割りに見栄えしないが、
それはコンポジットの枚数が少ないため。
と言うのも恥ずかしい話だが、
バーティノフマスクを付けたまま1時間も露出してしまったこと・・・
(これを加算できればそこそこの画像に・・・)
さらに恥ずかしいのは、
NGCナンバーを読み違えて導入してしまったこと。
(気がついたのが遅く、露出時間がもったいないのでそのまま撮影した。)
結果、構図は大外れ!

夜半を過ぎて寝ぼけ眼の状況とは言え実に情けない。
(((p(>o<)q))) いやぁぁぁ

でもまあ、露出時間は少し短いがけっこう分子雲が写っており、
高野の空の素晴らしいことがよく分かるのでブログに掲載した。
※車で行けるところとしては広島県一だろうか。
さほど強調処理していないのに分子雲が簡単に湧き出て驚!

※皆様、夜半過ぎると眠いでしょうが、撮った画像は頻繁にモニターされることを忠告します。
それから、大事な情報はカラーではなく赤いライトでも視認しやすい黒で書きましょう。
ほんとは、ハインドの変光星雲(NGC1555)周辺の分子雲撮影の予定でした。

それから初めてやってみましたが、
子午線を超える前の画像と越えた後の画像(逆さまになっている)をステライメージでコンポジットしてみたところ、
一括処理ではうまくいきませんでした。という事で子午線を超える前の画像と越えた後の画像を別々にコンポジットし
て、2枚の画像にしてコンポジットすると自動位置調整できれいに合成しました。(SIの知識不足かもしれませんが。)



[PR]

by yotoumushi555 | 2016-11-30 18:09 | | Comments(1)
Commented by hiro-2415 at 2016-12-01 06:15 x
私も必ずやっています。バーティノフマスクの取り忘れ本撮影。やっちゃいます。PCモニターの横に必ず置いてあるとか、決めて気が付くようにしないといけないと思ってやっています。
でも決定打ではありません。せっかくの快晴と時間が勿体ないですから。
しかし、3時間コースの分子雲が1時間そこそこでも良く写っています。やはり当地は暗いんだと思います。

それから、子午線越え前後のコンポジットはできるのですね。チャレンジあるのみですね。ありがとうございます。


<< ウルトラの星(雲)対暗黒星雲      ハート&ソウル星雲 >>