2016年 06月 22日

悩ましき Apo Sonnar

d0343591_15202574.jpg
バンビの横顔付近/2016,06,01(世羅西町) 01h28m~9分露出(1分×9枚コンポジット)
EOS6D(SEO-SP4)+Apo SonnarT*F2.0(3.2)、ISO1600、Rap2,Si7.0,PSCC

梅雨の真っ只中と言うことで写真を撮りに行くことができない。

なので、大枚をはたき先般購入したApo SonnarT*F2.0について、
あまり使っていないが、
自分なりの感想と言うか使用感をまとめてみた。

興味のある方はMoreボタンをポチッてください。






○周辺減光
d0343591_15383515.jpg
おとめ座スピカを中心にして絞りを変え露出(上から15秒、30秒、1分露出)
※コントラスト調整等画像処理は全く行っていない。(ノートリミング)

最初に画像を見て驚いたのは開放時(F2.0)における周辺減光のひどさ!
一段(F2.8)絞っても四隅はかなり顕著。
F4.0まで絞るとほぼ解消される。

Flat処理でどの程度救えるか?だが、画質が良いので最低F2.8程度では運用したいが・・・
※F4.0まで絞ってはCanon EF135mmF2.0で写しているのと変わらない。
(Canonもすばらしいレンズだが、絞り羽による光条等が目立つ。)

○絞りによる画質改善

絞り開放(F2.0)
d0343591_16034184.jpg
絞りF4.0
d0343591_16055785.jpg
両方ともセンターと四隅を等倍(250×250)で切り出した。
EOS5DMⅢで撮影

次に驚いたのは、開放でも絞っても解像力(画質)は全面ほぼ同じ!
周辺減光さえなければ開放で運用したい。

気になったのは四隅の星像が均一でないこと。
特に左側の星像はいびつになっていたり・流れていたりで、
非常に気になると言うか嫌な感じだ。
絞りを変えても改善されないようなので、
スケアリングが合っていないかレンズの組み付け不良と思われるが・・・
※FSQ106EDでも同様な症状がありタカハシで交換したもらったことがある。

当初スケアリング調整用のリングを購入しようかとも考えたが、
それではカメラとレンズが固定されてしまう。
カメラを替えて撮ってみると四隅の星像は少し変わったりで、何がなんやら・・・?
解決になるかどうか分からないが、次回は中間部でピント合わせしてみたいと思う。

まあ等倍近く拡大してみてのことなので、A4程度のプリントでは全く目立たない。

Apo Sonnarにシュミットの画質を期待する方が間違いなんだろうが、
感想としては、
色消しが非常に良くてFSQの望遠レンズ版みたい。

もう少し周辺減光が少なければ高い買い物とは思わないのだが・・・

[PR]

by yotoumushi555 | 2016-06-22 17:33 | アイテム | Comments(2)
Commented at 2016-06-24 06:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yotoumushi555 at 2016-06-24 14:17
値段が値段だけにやはり期待しますよね。
でも所詮カメラ用レンズですから、期待する方がムリと言うことでしょうか。
でも、CanonEF135mmF2は完璧だんたんですがね・・・


<< 星が撮れるところを探して      北アメリカ星雲付近の星野 >>