夜盗虫の写真帳Part2

yasuka555.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 23日

グラデーションマスクによるカブリ補正

d0343591_13034407.jpg
↑画像① カブリ補正前(長辺下と右下隅のカブリがひどい)、ノートリミング

d0343591_13035129.jpg
↑画像② カブリ補正後

”北の牧場2”さんのやっているカブリ補正の方法について、
何とかできるようになったので、
自分自身の備忘録としてブログ記事に掲載する。






画像①は10月9日高野町で撮影した馬頭星雲(露出35分)だが、
フラット補正に失敗し、
長辺下にはボックスケラレがしっかり残ってしまい、
しかも右隅下には光害カブリ(たぶん)まで加わている。

没にしようと思っていたが、
試しにグラデーションマスクによるカブリ補正(全てPSCCによる)をしてみると、
何とかそれらしく処理できた。
ヾ(´^ω^)ノ♪

(処理手順)
①画像を開く(16ビットTiff)
②調整レイヤーを追加(レベル補正を選択)
d0343591_13404209.jpg
③中間スライダー1.0→0.85に変更
※数字が小さくなるとカブリ補正が大きくなる。
d0343591_13472285.jpg
④Alt+で開いたマスクをクリックする。
※マスクが開く。(当然真っ白)
d0343591_13562045.jpg
⑤編集→塗りつぶし→ブラックでこのマスクを塗りつぶす
d0343591_14113886.jpg
d0343591_14151338.jpg
⑥描画色と背景色を確認してグラデーションボタンを選択
※描画色は必ず白(背景色は黒)
d0343591_14240402.jpg
⑦”背景色から描画色”を選択
d0343591_14284121.jpg
⑧線形グラデを選択しモードはスクリーンに
※光害カブリなので線形グラデーションを選択する。
 周辺減光の場合は円形グラデーション(但し、モードは除算にしないと上塗りできない。)
※不透明度は100%でOK
d0343591_14373245.jpg
これで準備OKなので、
まず公害カブリの方向を見極め(おおむね右下隅が一番明るく、左上隅が一番暗い。)
マスクサムネールをAlt+でクリックし、
表示されたマスクの右下隅より画面のほぼ中央に向かいドラッグ&ドロップすると、
できたマスクは次のようなものとなった。
d0343591_14462294.jpg
マスクサムネールをAlt+クリックしてマスクされた画像を見ると、
まだ長辺下の方にボックスケラレがしっかり残っていた。

d0343591_14533543.jpg
と言うことでもう一枚調整レイヤーを加え、
今度は次のようなグラデーションマスクを重ねた。

d0343591_15042689.jpg
できた画像は次のとおり。
d0343591_15073403.jpg
今回は全色でやってみたが、
RGB個々でできるので重宝しそうなテクニックだ。
それにしても、
とても自分にはできそうにないと思っていたが、
見よう見まねでやってみると何とかできるようになる。
難解だった言葉や理屈も徐々にではあるが、なんとなく分かってきた。

じたばたやってみるもんだね!
(*^_^*)



[PR]

by yotoumushi555 | 2015-10-23 15:30 | 画像処理 | Comments(2)
Commented by hiro-6415 at 2015-10-24 09:19
おはようございます
せっせとスキルアップに取組んでいますね。関心します。
丁寧に記事にして頂くと助かります。今度試してみたいと思います。
Commented by yotoumushi555 at 2015-10-24 20:44
星撮できませんので、しかたなくやってます。
材料がないので、早くお山に行きたいですね。
是非ためしてみてください。



<< 撮像素子のクリーニング      思いがけずロケハン >>